08 December

「手習双紙ー松虫ー」

もうだめだ・・これ以上手を入れたら逆に
ダメかもしれない。
精一杯頑張ってみました。
・・でもコレで限界です・・( ノД`)シクシク…。

 

<画材>
ケントイラストボード・油性色鉛筆・
サインペン

筆圧最強な自分は色鉛筆って上手く使いこ
なせてない。
優しい塗りを目指してみるのだが気が付くと
力いっぱいごりごりぐりぐり塗ってる。
でもデジ絵は苦手だし、コピックもない・・。
優しい塗りができて色鉛筆の風合いを生かせ
てる二次絵をみるとすごく羨ましいです。


<松虫絵>
モトネタポーズは「美少女たちの美術史」
とかいう美術館企画の
展示解説本にあった大正時代の少女の日本画。
着物や帯の柄とかはかなり変えてみました・・。
(畏れ多い本物はもっともっとカワイイ。)

「手習児」というタイトルでした。
手にしていたのは「手習 双紙」というもの
でした。(学習ノートでしょうね・・今で
いうなら。)それを「お伽草子」にしてみ
ました。

「手習児」とは「寺子屋帰りのおませな
女の子が道草をしている様子を表現した
日舞」・・・だそうです。今でいうなら
ランドセル背負った女子小学生のダンス
という、「そのスジが嗜好」の方にはた
まらん内容かと(笑)。


 
おまけ ↑ レトロ広告ラベル風。