04 September

羅城門への道はキケン!

歴史に興味のない人でも
アレレ???と思ったであろう・・

「第4幕・羅城門」の回

いや・・全体いい話なんだけどなあ。
突っ込みがマンサイラクである。

それまで男装していた光が女姿にもどり、
袿〈うちき〉をきて「姫」に。
頼光(兄)の死のショックで引きこもりに
なっちゃって何日も公務休んでるもんだから
綱も言いたくないけどついグチグチ言っちゃ
ったわけです。で、怒っちゃってそのまま袿
のまま出ていっちゃった光。
ズルズルと長い袴と袿・・で路上へ!!??

話が変わりますが、
某番組で「タイムマシンで若い女性が行って
みたい時代」の第一位が「昭和」第二位が
なんと「平安時代」だった!タレントが
「だって綺麗ですもんね~!」だって・・。
え??綺麗???それは少女漫画の源氏物語
あたりのイメージでしょう。
いい男に十二単の姫・・は都の上層部の一部だけ。
それだってヒキメ・カギバナ・シモブクレだぞ。

自分は・・・イヤだなあ。行きたくない。
行ったらいろいろトラウマになりそう。
まず、そこらに死体がおちている!らしい。
そして餓鬼草紙絵巻をみればよくわかる都の
トイレ事情。

光がズルズル袿引きずって出ていった朱雀
大路は牛馬が放し飼いになっていて社会問題
にまでなっていたらしい。ていうことは光姫
様の袿は路上のいろいろ汚いものモップにな
っていた可能性大。うわああ~。スミマセン。
ぶちこわし。

この時代の高貴な女性は外出の際
「壺装束」・・卜部ちゃんの旅装束みたいな
格好ですね。袿で外にでるのはよほどのこと。
そもそも高貴な姫君は屋外に出ない!


さらに朱雀大路は強盗犯罪者が横行
よいとこの姫様がふらふら歩いたら
門を出て三歩でたちまちかどわかしなんて
普通だったかもしれない。
貞光の「俺でなくとも襲う!」は実に正しい。
オイ~~綱、しっかりしてくれ。

死体が街中に落ちてる話は実は作品内にも
描かれてます。光が大路を行くとき馬上から
道端に貧しい親子の屍をみつけ心痛める場面
が一瞬ありました。

リアルに描かれていないけど、万歳楽が羅城
門の屋根から門の外をみて「東国に翁舞の
奉納に行く前はここまで酷くなかった。」
というくだり・・あれは門の外にたくさん
死体が放置されていたのが見えたんだろうね。
こわいぞ。


芥川龍之介の「羅生門」にも、門に若い女の
死体が落ちていてそれを老婆が売るために
髪の毛抜いたというシーンは有名。
事実、羅城門は死体置き場にもなっていたら
しい。門の外は鬼の住む世界で死体を置く
場所。

都市ができる、
人がすむ、
今は下水道が整備され、
人が亡くなれば最低でも火葬で葬られる。
だが、昔はそんなインフラ整備は
されていなくて、汚物は垂れ流し、
死んだら放置が当たり前だった平安時代。

グロい話になってすみません。

清水寺から投げ捨てとか、
嵯峨野はかつての放置場所というのは
あまりにも有名な話。


で、非常に不衛生かつ不気味な街を光が行く
わけですが、羅城門付近の治安悪は今の紛争
地並みだったのでは。

羅城門自体は無宿人の住み家であり、死体が
おいてある。おまけに都の財政難でいたんで
も直すことができず放置。(10世紀ごろには
大風で倒壊しそのままになっていたそうです。)

物語中では、晴明=万歳楽の策で羅城門は
「鬼がでるぞぉ、こわいぞぉ、だから近づ
かないほうがいいぞぉ。」的な噂を流布し、
なるべく人が近づけないようにしていた。
(酒呑童子の荊木との連絡場所だったため。)


そんな怖い噂流されて人は近づかず
お陰でかどわかし等にあわず案外難なく
光ちゃんは羅城門にくることができたのかも
しれない。

で、ついたはいいが、
あの姿でどうやって屋根に登ったのだろう?
光の運動神経なら可能????。

京都考古資料館に「羅城門」の模型がある
らしい、と聞いてウキウキ出かけたのだか、
展示していなかった!(ガックリ)
羅城門の精密模型になにかヒントがあるかも。
と思ったのだが。
京都市様、すみません、たまにこういう変な
人がいるので展示していて下さい。お願いし
ます。はんなり片付けないでおくれやす。


万歳楽もいつのまにか羅城門屋根にいたけ
どこの人の「高いところスキー❤wwww」
もはや彼の習性だからしかたない。
も、いいよ、ヒトじゃないから。なんでも
好きにやってくれ。



財政難でろくな手入れがされていなかった
羅城門。この話の中にも光が手すりに寄り
かかっただけで崩壊、のち、落下。

いや、フツウ、怪我するだろう。
(そこもツッコミ)しかし彼女は無傷だった!
もう、これは運が良かったとしか思えない。
こんなふうに女の子が寄りかかっただけで
ぶっ壊れる羅城門。

天井の梁をつたってオンボロすぎる天井・
屋根瓦の隙間あたりから屋根に登れたのかと
・・・推測。

光の運動神経の良さと運の良さが重なって
「第四幕・羅城門」だとしか説明つかない!!


そして極め付きの納得いくコトバ。

「お伽草子」だからなんでもアリなんだw。