19 August

怪童丸コミックス版感想

なんでコイツは今頃コミックス版の感想書いてるんだろう。
.....って、遅蒔きながらやっと入手したんです。

できれば新品で欲しかったよ。(泣)いくらさがしても新品はなし。
しかたないね。2001年モノだもん。( TДT)今頃ハマってる私が悪い。




−−−−−−−−すごいよこれ。

むしろアニメ版のほうが何だったんだ?とさえ思った。
アニメ版では意味不明だった悪キャラ桜丹姫。
桜丹姫がどういう経緯で悪鬼になったかが説明不足すぎて....。
正直、見た目も美しい姫とは言いがたかったから、切ないとは全く
思えなかった。

しかし、コミックス版、「鬼契りの姫」って衝撃的なネーミング!
冒頭からエログロ炸裂。
桜丹姫が実はたいへん美しく妖艶なキャラであることが強調される。
そして、彼女の実父がとんでもねー大下衆野郎だったことが、よく解った。
アニメ版では、桜丹姫の父が公時の一家を滅亡させたまでしか描かれず、
桜丹姫との絡みは薄かった。
だから何故、彼女が恨みを抱えて悪鬼に成ったのかがわからなかった。
でもコミックス版で納得した。
桜丹姫すごく哀しいよ。(TдT)・・・公時だけが救いだったんだね。
彼女にとっては公時が、男だろうが、女だろうが、よかったんだなあって
思いました。性別ではなく、公時本人が、彼女を闇から救い出してくれる
存在として必要だったんだと。
(アニメ版しか見ていなかったからあんなアホな二次小説でごめんなさい姫。)




うぉぉぉ。
荊木童子が沢山!嬉しい♪♪♪♪やっぱり可愛いよ~~~この子。

桜丹姫と荊木はそういう関係だったのか。
「生物学的」にいうと「共生」に近い....? でも、やっぱり桜丹姫のほうが
「上」の立場なのよね。そうでなきゃ。うん。
桜丹姫との濃厚キスシーンまでww(これは意外だった。)・・・おねショタか!
しかも廃屋で抱き合ってるシーン、荊木の狩衣の襟がはだけていた。
おい!二人で何をしていたんだ!ってツッコミ。
荊木、中身が平将門なんだが、体はお子様だろーが!

後ろカバーにまでカラーの荊木童子がいる!
可愛いし、嬉しい。
これはカラーコピーをとって飾って置きたい。


絵は繊細で綺麗、公時がとにかく可愛いのです♡



もう一本のオリジナルストーリー、「夢霞」は悲しい。
頼光の妹とな!でも「光」ではなく、霞という可憐で可愛い姫君。
この話はとてもよく出来ていた!
公時と頼光の出会いの頃のお話。
頼光は断然こっちのコミックス版がカッコいい。
(私はお伽の方の頼光兄ちゃん・平安編東京編ともに好きだけど。)

 ちなみに晴明様はおじいちゃんで、ご活躍されてるイイおじいちゃんです。
公時の育ての親的な立場。いいなあ (*´∀`*)ポッ

公時と頼光と桜丹姫の三名を中心にスポットをあてた作品で、綱、卜部、貞光は
殆ど出番なし。でも、むしろ、そういうブレなさが良かったのかもしれない。
アニメ版だけでは納得いかない方々のためには充分説明になった。

ここまで、しっかりと下地があるのに、アニメ版が(?_?)作品なんでやはり
とても勿体ない作品です。