22 February

東京ミッドタウンの下に眠れる地霊(聖地巡礼番外編 ラクガキ・駄文)



いきなり意味のないラクガキ画像!?emoji
(再現率が低いとはいえヤバイだろうこれ。)

そして聖地巡礼というには???な場所。
これをこのカテゴリーに置くのはどうなんだろ?と思ったが置いてみる。

  「東京都埋蔵文化財センター」にいってきた。

「東京発掘」といういかにも管理人が好きで飛びつく企画展。
昨年からやっていてもうすぐ終わりということを知って行ってきた。

場所は「多摩センター駅」ちかく。
サンリオピューロランドemojiのすぐそば!(だからこれか!!)


東京の遺跡というのは縄文から江戸時代まで幅広い。
調査報告資料に「新宿三丁目遺跡」なんてのもある。なかなか
新鮮な響きである。



・・・もしかしたら誰も読んでないかも、と思うが、
カテゴリ「ツッコミマンサイ・ラクお伽草子」の
自称;考察文のなかの「万歳楽のアレ」。
白い水干に描かれてる文様についてグダグダ述べた。
それは京都歴史資料館にて平安時代の内裏後から地鎮のために
埋められて、発掘された宝輪からの妄想文。

地鎮・・・・土地の霊を鎮めるために行われていた儀式が
平安からのぼること、16世紀の東京の地でも行われていたという証拠。

発掘当時はこうだったらしい。


場所は港区・六本木。毛利家の屋敷。
現在では(行ったことはないが)六本木ミッドタウンになってるそうだ。

ぶった切られへたくそ撮影説明文。(ここのセンターは展示品撮影OK)


16世紀というと戦国時代も終わり、江戸が作られ始めたころ。
京の都で行われていた地鎮が東国でも。

万歳楽が江戸にきて・・どこかでこういう儀式も執り行っていたのかも
しれないと妄想を掻き立てる展示物でした。
(もちろん、事実上彼がやったわけではない、陰陽道にかかわる
者が執り行ったのだろう。説明文のはしに呪符木簡が写っているが
平城京・平安京同様こういうものも東京から出土している。
たしか丸ノ内三丁目遺跡だったかと。)

東京ミッドタウンというオサレな場所にも過去にはこういうものが
あったと思うと不思議である。今度行ってみたい六本木。
(狸穴坂も見つけたいし。)


[追記]  推測であるが、万歳楽の水干のマークが八輪ではなく六輪に
なってることだが、これは某宗教団体のマークと被るのを避けたのでは
ないかと思っている。田島昭宇さんのイラストを見ると八輪なので
そっちのほうが意味あいがしっくりくる。アニメとなると放送的にも
難しい問題あるんだろうね。