21 June

京都ブライトンホテル(聖地巡礼番外編・ラクガキ・駄文)

6/21・・夏至の日。万様逆誕生日とは真逆の日なので寿ネタ。






現在、有力な説になっている晴明さんち跡は晴明神社の場所ではなく、
「京都ブライトンホテル」あたりではないかとのこと。
(京都市歴史資料館▪平安京図会より。)

ここは当時だと、今の晴明神社のある場所より内裏からちょっと遠い。
あの一条戻り橋のある堀川から外になる。
(晴明神社は堀川の内側。)

40過ぎまで特に活躍の記録がない、ごく普通の役人だった彼ならば
このあたりに住んでいたのではないかというほうがむしろ信憑性があると思う。

(平安時代で40歳過ぎ以降も働いていたってスゴイ。いや生きていたこと自体
すごいのである。しかも80過ぎまで生きていたって・・この人の体力ってどうよ。
スーパースター的陰陽師伝説があるのには、このぶっ飛び長寿も一因でしょうね。)





ホテルの敷地内になにかそれを示す石碑かなにかないかと思ったが、
いかにも金持ってなさそうな風体だし、この高級ホテル宿泊客ではないので
これ以上うろついて写真撮影するとまずいのではと、楚々と切り上げた。







でもチャペルはあった。ウェディング用。



何?晴明さんち跡と言われる場所に結婚式場だと!?


 

花嫁松虫。
(カラー模造紙に色鉛筆でごりごりアナログ絵かいてみた。)
この子はウェディングドレスよりも金襴緞子の帯締めながら・・の
ほうが似合いそうなので和装。


そして・・・・松の言葉無き挨拶は

「晴明様、不束者ですが末永くお願いいたします。」なのか
「晴明様、今迄有難うございました・・松虫は幸せになります。」
なのか


面の下で静かに涙する万様が見たいのであった・・。