01 July

あをによし(聖地巡礼番外編)

奈良・春日大社の参道・・の入り口近く、
ここが実は聖地だったりする。

「影向の松」

今は切り株しかない・・。




春日大社の神がここに降臨して「萬歳楽」
を踊った。と言われている。

※クリックすると読めます。


で・・能舞台の鏡板に松が描かれるのはこの
「影向の松」だそうです。

年に一度の大祭の日、
この松の前で「猿楽」(申楽)が披露され、
現代もちょっと場所がずれるけど行われてます。
(見たことないけど。)



        「萬歳楽」「申楽」「能」
もうこれは万ファンにとって素敵な響きにしか
聞こえないはず。(///∇///)

 

春日大社の大祭、平安の頃も行われていた
のかもしれない。
あちこちで⌈奉納舞ライフ⌋していた万も当
然行ったのだろう。
 春日大社は藤原氏の社・・平安の頃だろ
うし、むしろ宮から「行け」と命令されて
いたかもしれない・・・。
(平安時代だがお伽の時代よりあとの時代
に大祭が行われたと記録されているが、
奈良の時代あたりからそれらしい祭りは
あったんじゃないだろうか?)


・・・・以下妄想駄文。

自主的ならともかく、命令されたら面白
くないもの・・。しかもこういう時にか
ぎって左大臣が同日に晴明にも別の命を
出してくる。
万「まためんどくさいこと命令しおって!」
松<晴明様、ご安心ください、京⇔奈良は
半日の日帰り往復可能でございます。

はい・・近鉄特急券ご用意いたしました。
お留守は上手くお守りいたします。>

万「松虫、頼むぞ。吉野葛桜を土産に買って
きてやろう。」

松<柿の葉寿司もお願いします。(ちゃっかり)>



ところで、この春日大社の神様・・
嬉しいことがあると「萬歳楽」を「松の木」
の上で踊りだすらしい・・。
縁起絵巻のなかで天台宗の僧侶が唯識論を読ん
でいたらそれに感激して降臨のち松の木の上で
レッツダンシング「萬歳楽」♪
 絵巻には顔は見えないものの楽しそうに踊る
明神がおわす。

神舞の名前・長寿を寿ぐ名前・・・・彼の名前
(万歳楽)は実によくできているしそこにいろ
いろな歴史的謎が込められていて非常に好きで
ある。というかこのキャラとても深い・・。
ここで語ると鬱陶しいのでやめておく。
そういうディープな部分もツボにはまるのだ。
 
上の絵を描いてる最中、
何気に紙のはじっこにチラ描きした小鹿の
松虫。



オマケ:春日大社近くの原生林端っこにママと
一緒にいた小鹿。
まだ本当にチビさんだった。

こんなに可愛いのにもうちょっとするとひじ
に嚙みついて
鹿煎餅を束ごと強奪するように
なるんだろうか・・。


ちなみに鹿煎餅は苦いです。(一口味見した。)
偶蹄類は苦みをヒトほど感じないそうなのでOK
かと。