22 December

〈源荘の面々〉・・・お誕生日の風景

捏造設定。

もしも東京編の「源荘」が平安時代だったら。
でも時代考証むちゃくちゃ。
(ここ重要)


光=頼光と正体は全員にバレ済み。

パラレル。






・・・その日は暗雲がたちこめていた。


というか、本当に黒い煙がもうもうと源家に
漂っていた。
「大将!火事だ〜!火元は厨(くりや)か!」

「あっ貞光、ゴメン!驚かせて〜〜〜!ちょ
っと焦げつかせちゃった。」もうもうと黒い
煙の中、可愛らしく白いひらひらエプロンを
して白い三角巾をした光が手に何か不気味な
物体を持って立っていた。
それは・・・・
真っ黒で何か呪術に使うんじゃないか?と思
う黒焼きみたいにあやしく邪悪なオーラがモ
ヤモヤと漂ってみえた。
「大将、なんだ?そりゃ?」
「うん、西洋焼菓子(ケーキ)。」
「菓子?・・・・それが??」
「だって、今日は綱のお誕生日だよ。」
「で?」
「みんなでお祝いしようと思って焼いたんだ。
幸い、今日は綱が出掛けてるし、帰ってきた
らサプライズで!」
(そりゃ、別の意味でサプライズだ!大将!)
「ちょっと焦げちゃったけど。綱、ゆるして
くれるかなあ。」にっこりと不気味な物体と
は対照的な可愛らしい姿と微笑みに・・。
(今日の大将、ものすごく可愛いい分だけ罪
だぞ!大将のエプロン姿は萌えるが、その
未知の物体はなんなのだ!・・・・ていうか、
全員アレ食わされるのか?・・・酒呑童子の
酒より危険率高い!致死率MAX!
綱公、誕生日が命日だな、迷わず成仏してく
れ。オレはにげる!!)
「あはははははは、いいプレゼントだね。
あ、俺、用事思いだした!」貞光は後退り
しながら自然的?に厨(くりや)をでた。

「あー、びっくり。そうだ、卜部ちゃんを
避難させなきゃ。」貞光は卜部の部屋にむか
った。
「あら貞光さん、いいところにいらっしゃ
ったわ。」卜部が御簾の向こうから声をか
けた。「卜部ちゃん!今日は陰陽寮にいか
ないのか?」「今日は年休ですの。」
「だったら今日は逃げたほうがいいぜ。」
「なんですって?」
「とにかく大将に見つかる前に。」
「頼光・・いえ、光様がなにか?それより、
これを作りあげなくちゃ。」卜部の部屋に
スイカ大の物体が転がっていた。「あれは?」
「花火ですわ。」「花火?」
「今日は綱殿のお誕生日でしょ?どかーん
と花火打ち上げますわ。赤いフウジン雷神
大作戦♪♪
。」
貞光はソレが花火というより、むしろ一種
の破壊兵器にしかみえなかった。
「それを・・・打ち上げるのかい?」
「ええ、貞光さんも手伝ってくださる?」
(げっ!あんなもん打ち上げたら源家が火の
海に!)
「卜部ちゃん、その、花火、大丈夫
なのかな。」「あら、火薬の配合から、打
ち上げたときのおおよその飛距離は計算し
てますわ。」「・・・・・・」
(・・・どうしたら嫌な思いをさせないで
卜部ちゃんを止められるだろうか?)
「そ、そうだな、打ち上げには金太郎と
相談してくるわ。」もはや、光の作った謎物
体から卜部も避難させるどころではなくなった。
卜部は大量破壊兵器を製造している!

「あ、貞光いいところにきた。」
金太郎がなにやら珍しく裁縫セットなどを
もっている。「熊のぬいぐるみって何色が
可愛いかなあ?」「なんだお前、らしから
ぬこと聞いてくるなあ。」「今日は綱の誕
生日だろ?俺プレゼント送ろうと思ってさ。」
(金太郎!お前も綱公バースデーサプライズ
企画だとぉ〜〜〜〜!?なんか、とっても
嫌な予感がする!)貞光の予感は的中した。
「おれ、熊を二匹つかまえたんだ、でもあん
まり可愛くないから熊耳の被り物でも被せて
ぬいぐるみっぽくしようと思ってさ。」
みると、金太郎の部屋の片隅にぐるぐる巻き
にされたむさ苦しい男が二人いた。
ん?????見覚えある??「げっ!お前は
星熊!そして、お前は虎熊!」
《こらクソガキ!ほどけ!》
モゴモゴフガフガ←猿ぐつわ
「な。熊だろ。うーん、トラクマのほうは猫
の被り物の方がいいかな?」熊だろうが猫だ
ろうが、二人がそんな被り物した姿を想像し
ただけで精神的にダメージ大!

気持ち悪っ!!

「お前!これは可愛い可愛くない!の問題じ
ゃないだろう!」「そうかなあ??けっこう
捕まえるの苦労したんだぜ。」
「いかんいかん、いいか?だいたい、お前、
誕生プレゼントにもらってうれしいか?
・・・星熊と虎熊だぞ?クズメと綾竹ちゃ
んなら俺も嬉しいが。」
《貞光!お前、クソガキにちゃんと教育し
ろ!》星熊は貞光に怨みがましく喚いてい
るがモゴモゴしかわからない。
「とにかく、ソレはやめろ。気持ちが悪い!
野生に帰してこい!」貞光は星熊と虎熊の
怨みがましい視線から逃れるようにその場を
去った。


「ハア〜〜〜なんて日だ。そうだ、
綱公が帰ってこられなくすればいいんだ。」
貞光は綱が出掛けた宮のほうまで走った。

---朱雀門の近くでまっていると綱が現れた。

「よっ。綱公。お勤めご苦労なこった。」
「お前はなにやってんだ?」・・と胡散臭
そうに綱。「俺のつとめは夕べ宿直(とのい)
だったから非番だよ、・・・・・それより、
今日はちょっくら俺と付き合えよ。」
「なんでお前とつきあわなければならない
のだ?」「いいってことよ。かわいい子の
いる店あるんだぜ。」「遠慮する!帰って
光様をお守りするのが我役目なり!」
(・・いや・・その「光様」の作った暗黒物
質でお前のほうが
ヤバいんだってば!綱公!)


ぽつり・・

ぽつり・・

雨粒が一つ二つとふたりの頬を濡らした。

「こりゃひと雨くるな・・急いでかえるぞ。
じゃあな貞光。」「あっ!綱公!!」
綱は猛ダッシュで家路に向かっていた。
「し、しらんぞおお~俺はああ~。」貞光は
しかたなく綱の跡を追う。

「源家」にたどり着く。

これから起こるはずの「地獄絵図」を想像す
ると身震いするがここで止めに入る役目も必
要だ・・と貞光は観念した。

---------家の中は静かである。

すると・・・がっかりした面持ちで金太郎が
現れた。「貞光~・・熊が逃げちゃったよ~。
星熊も虎熊も~。」縄は切られて床には
「おぼえていやがれ!」と恨み言まで書いて
あった・・。「まあ、しかたないじゃないか。
(問題が一つクリアされた!ヨシ!)」


こんどは卜部ががっかりしていた。
「今夜いっぱい雨になりそうですわ。そんな
雲ですもの。花火の打ち上げは無理ですわ。
あ~あ・・残念ですわ・・。」
「そ・・・そうか!天気がそれじゃしかたな
いな。(おっしゃ~!!)」貞光は心の中で
ガッツポーズした。
しかし・・あのケーキと称する「謎の物体」
・・しかも・・光のプレゼント。という最大
の難関が残っている!!(さすが!大将・・
アンタは一番のボスキャラだったわけだ。)


厨房にいっても静かだ。
あの謎の暗黒物体も・・光もいない・・。

「大将??」

そおおっと光の部屋のほうへ行ってみた。
「大将~~?大将~~?」小声でよんでみる。
格子戸の向こうに屏風があって光の姿はみえ
ないがしばらくすると「貞光?」・・と声。
「綱公帰ってきたぜ?サプライズパーティは
どうするんだよ。」勇気をもって聞いてみた。

「・・・・・・・。」

「どうしたんですかい?」
「・・う・うん・ありがと、じゃ、みんな
を広間に集めて。 ・・・・・綱にはさり
げなくね。」

(キターーーー!!)
貞光は真っ青になった・・ああ、これで四天
王全滅だな。あっさりすぎる。・・これから
未来、なんて歴史に記述されるんだああ?
というわけで貞光以外のほか三人は平常どお
りの様子で集まってきた。「貞光・・顔が青
いぞ。変なものでも食ったのか?」と金太郎。



しばらくすると御簾の向こうから渡り廊下を
しずしず歩いてくる光の気配を感じた。
そうっと御簾をあげて光が入ってきた。

その姿を見て全員息をのんだ。


朽葉色や紅葉色・・。美しい季節の重ねの
色合いの袿を着て、豊かな黒髪は何度も
梳って艶やかに、唇にはほんのり玉虫色
になる紅をさしていた。
「うわっ!」
「まあ!!・・光姫様・・きれい・・。」
・・・綱に至っては目が張り付いたように
瞬かず口は魚のようにあんぐりと空いたま
まだった。
「・・・綱・・お誕生日おめでとう。本当は
ね・・一生懸命お菓子を焼いたんだけど・・
手が滑って土間におとしてしまって・・それ
を野良猫が口にしたとたん失神しちゃったの。
いくらなんでもそれはプレゼントにできない
から・・。・・・せっかくのお誕生日なのに
・・・・ゴメンね。」
貞光は心の中で(ニャンコすまん!)・・・
そして(やっぱりアレはキケン物だったか。)
としみじみ思った。

「だから・・なにもないから綱には私から笛
の音を贈り物にするわ。」光は恥じらうよう
に横笛を取り出した。
ひとつひとつの仕草が美しく愛らしい。

(あ~大将~それが一番なんだってば~!!
イイ!イイよ!!emoji 
貞光は心の底からいろいろな意味で泣けた。
しとしと小雨に降る中庭に向かう広間に美
しい笛の音が漂う・・・・・金太郎と卜部は
静かにうっとりと聞いていた。

しかし・・

嬉しさと嬉しさと嬉しさの絶頂にいる主役の
綱は硬直しすぎて冷凍マグロ顔に!
貞光は安堵と、目の前の光のかわいらしさと、
今日一日は何だったんだ!?
複雑な思いで落涙していた・・。

  
                 <終わり>




※光の料理下手は東京編のヒカルから引用。

 「綱がお嫁に行ったら誰がごはんをつくる
のか?」の金太郎の問いに「あ・・あたしか
な?」とヒカル・・・のち、金太郎の絶叫。
もひとつ・・綱のために作ったディナーの
味見を猫のトラクマがしてあまりのまずさに
・・・・・逃げた。

ヒロイン=極度の料理下手という・・
これまたアニメ作品ではありがちな設定。