21 May

従者トーク(荊木✖松虫)

最近、こんなのばっか・・。


不毛大地トークショー(-_-)




貞光「またまた・・意味のないトークショーのお時間がやってまいりました。

もういい加減俺も付き合いたくないのですが、今回のゲストが美人と聞いて
これは女性の味方!碓井貞光が司会やらないで誰がやるのでしょう?!
今回のゲストは!荊木さんです!
・・・えっと・・設定名が荊木童子となってるのが気になります・・。
まさか・・中身は男のガキ??では・・。」

荊木「失礼だね!・・・!私の着物の胸元覗くな!」(べしっ!!)

貞光「し・・失礼しましたあああ~。いや・・これは正直うれしいゲストです。
初回は面白くもなんともない綱公だし、
前回は自称・乙女・だったし・・。(うげっトラウマ)
いやあ~~こんな美人なお姉さまだとうれしいなあvv。」

松虫「・・・・・。」

貞光「え?あ・・いや・・ま、松虫ちゃんも可愛いよ。とおっても!」
   (あははは・・怖いなこの子・・・(汗))

荊木「おや・・ひさしぶりだね、松虫。今日はよろしくね。」

松虫「ほんとう、第六幕以来ね・・。荊木。よろしく。」
        (以下心の声マイクで)


貞光「荊木さんは鎮西にお住まいで酒呑童子の従者だとお聞きしてますが、
   あのろくでもない主人だと大変でしょう。アル中気味らしいし。
   いやになったらいつでもこの貞光がお相手しますよ(emojiキリッ)。」

酒呑「うるせえぞ!司会!勝手に口説くな!」(杯が飛んでくる。貞光に激突。)

貞光「あ、いて!!(emojiこ、コノヤロ~!)ギャラリーのお客様、ここは禁酒です。emoji

酒呑「ばかやろう!酒じゃないぞ。」

荊木「酒呑様はただいま禁酒しております。それはポ〇リスエットかと・・。」

綱 「俺はアクエリ〇ス派だな。旅にはあれがいい。」

貞光「綱公、いつのまにギャラリー席に!?話がややこしくなるから黙っていてくれ。」
  (気を取り直して・・)

貞光「荊木さんと松虫ちゃんは以前からお知り合いの関係のようですね。」

荊木「ええ・・。都破壊計画のとき以来ですわね。羅城門までよく晴明殿のお使いで
   来てくれていましたし。」

松虫「そうね・・。うちの主がよく地方にでかけるもんだから私が秘密文書渡して
   ましたっけ・・。」

荊木「あの頃はけっこう大変だったわよね~。
   極秘事項だしね。とても気を使ったわ。そうそう、でも帰りは二人で
           朱雀大路裏のカフェで一緒にランチもしたわよね。
          
あ、甘味処にも行ったわよね。白玉宇治金時おいしかったわ。」
  

貞光「ちょ・・・!何!都破壊計画がそんな仲良し女子同志な会話になってんの!?」

荊木「そうそう、あの時の破壊計画の明細持ってきたんだけど。支払いお願い。」

松虫「・・・拝見するわ。明細書の内訳を説明して。」

荊木「まず、鎮西からの熊襲兵交通費、および、火薬爆薬製造費あとは
          大枝山砦設営費
 地方山伏人件費・・・。」

松虫「・・結構、大きいわね。
   それと・・なに?これは?勾玉破損における修理費って?」

荊木「これは、うちからそちらにお貸しした火の勾玉を破損させた修理費です。」

松虫「・・・これはうちのせいじゃないわ、そうよ、あの人の主に請求して!」
   (びしっと綱に指をさす。)

綱 「!!!」

荊木「・・・・・!?あら、よく見たら、渡辺君じゃないの。なにやってんの?」

綱 「荊木先輩!?」

貞光「おいおい!なんでここで東京編が混同されてるんだ??」

荊木「いいとこで出会ったわ。ゼミOB会の飲み会、代替えた分早く払ってよね。」

綱 「いや・・すまない!先輩!あと少し待って!」

酒呑「なんだお前。せこいやつだな。潔く払えよ!」

松虫「あ!あんた!よくみたら渋谷の神社で満月になると犬に変身して
   主の万歳楽様を襲おうとしてた人ね!!
   このド変態!!」

酒呑「知るか!俺じゃねえ!俺に憑依してる犬が勝手に襲ってるだけだ!小娘!」
  


貞光「うわあああ~なんかややこしい人たちに東京編と平安編が入り乱れて
   わけわかんないことに!!今回はこの辺でおひらきに~~。
   解~~~散~~~~~~!!  







松虫「・・・またよくわからないトークショーだったわね。
   それよりも都破壊プロジェクト、予想外に費用がかさんだのが問題だわ。 
   晴明様にもっと節約していただかないと・・。 」
                    (袂からタブレット端末)


    

<特別でもない企画対談終わり>