14 October

宿命の対決トーク(光✖松虫)






まだ、続いてる不毛なトークショー。








貞光「うわぁ、ついにこの時がやってまいりました。
 今年最大の決戦!!
  宿命の対決です。 
    後楽園ホールの謎トーナメント表にも火がつきそうな雲行きです!
 今回は解説に渡辺綱と金太郎にもきてもらいました。」

綱「なんかよくわからんが、光様の守役で来た。」


金太郎「貞光、きてやったから帰りになんか食わせろ。」



貞光「さて、両者入場です、赤コーナー、われらが大将、源光ちゃーん!」


光「え?なに??よくわからない。なんでこんなところに出なきゃならないの?」


貞光「青コーナー、晴明従者、松虫ちゃーん!」


松虫「・・・・・。」


貞光「どっちも可愛いね~でも、お兄さんはノーマルだから童女には
とくに興味ないなあ。」


金太郎「いや、松虫ちゃんは可愛いぞ。」




光「・・・・こんにちは、陰陽寮でお会いしましたよね。」(ニッコリ)

松虫「・・・・。」


光「(え?やだ。この子・・もしかして怒ってる?)」


松虫「・・・・。」


光「あの、どうかされました?」


松虫「・・・・・・。」


光「(無表情なのがこわいっ!)」


松虫「・・・・・。」




貞光「おっと、どうしたんでしょう、松虫ちゃん、解説の綱公・・どう思う?」

綱「どうでもいいが、おまえ、ナゼこの場でタメぐちをつかう?
  正しくは 
解説の綱さんどう思いますか?” だろ。」

貞光「お前になんでそんな口きかなきゃならんのだ?あー話がややこしくなる!!」


金太郎「松虫ちゃん、腹減ってるんじゃないのか?」


貞光「おまえじゃあるまいし!!」



貞光「本妻の怒りではないでしょうか?松虫ちゃんの無言攻撃か!」


光「本妻って・・・何?」


貞光「だからあ・・万歳楽をめぐっての本妻vs愛人なわけ。」


光「ヱ?私が愛人???なにそれ!変な言い方しないでよ!!」


松虫「・・・・・。」(そっと席を立ち退場方向に。)

貞光「おっと松虫ちゃん。怒りのあまり試合放棄か!?」


金太郎「おい、貞光、松虫ちゃんの心の声マイクの音声がOFFになったままだぞ。」


貞光「これは失敬!怒ってたわけではなく音声ミスだったようです!」


松虫「・・・あの、今、陰陽寮がいそがしいから帰ります。
   申し訳ございませんが、ここで失礼します。(ぺこり)」(心の声マイクより。)


光「あ・・・。怒っていたんじゃないのね。」


貞光「ちょ・・帰る前に、なにか一言!!」


松虫「本妻VS愛人かなんだかよくわからないけど、
   言えることはただひとつ!
   たかだか17年しか生きていない小娘には負けるの何もないよの。
   私ら晴明様と二人そろって主上(おかみ)につかえて十代分ですから。
   じゃあね。さようなら。」


一同「・・・・・・。<唖然>」

貞光「・・で・・・でた!ロリババァ発言!これは強烈だあ~!」

光「ハア・・・(汗)」(;・ω・)

綱「むうう!光様に対してなんたる無礼な言葉!そこへなおれ松虫殿!」

貞光「わ~!鬼斬丸をしまえ!綱!!」


金太郎「松虫ちゃんていくつだ??どうでもいいやそれより腹減ったな・・。
    俺も帰る。貞光、ソースカツ丼おごれ。」


貞光「み、見事な<上から目線パンチ>をくらわし、松虫選手退場です。
   源光選手言葉がありません。見た目は童女なのになんという貫禄。」


金太郎「ていうか、貞光、大将も呆れて帰っていくぞ。」

光「貞光、こんな暇はないぞ、われらは都をまもらねば。」(キリッ)

貞光「一人だけシリアスきめて~~!!」


光「・・・・。」(あー!もうっ!なんなの?やっぱり理想の殿方は兄様だけよっ!)






綱「・・・・・光様、私がおります。」(ウルウル目)







松虫「今回もなんだったのかしら。また呼び出されたと思ったら。
   あいかわらず進歩がないわね。

   ・・・・それにしても、かえったら晴明様にちょ~っとお灸すえなきゃね。
   ぷんぷんemoji。」(今回ちょっとご機嫌ななめ)



〈宿命対決対談終わり〉                             


※朝から通勤途中こんなの入力してる管理人って・・。(;´Д`)