20 July

東京万歳楽家の夏  (万歳楽受+万松小説)

<東京万歳楽家>

東京編万歳楽を中心にしたキャラの捏造が濃厚すぎる話。

東京編のマイナーなゲストキャラ+失踪中のヒカル兄頼光くんと
彼らにモテモテ・・受けな万歳楽をえがいたアホな内容・・。

頼光君以外はみな「ヒトではない」・・・、しかし、ヒトとおなじ楽しみ方を
追及しているへんな集団。
都内の架空高級マンションとか東京駅の謎の地下室に突然現れて住んでいる。

※今時分にゲストキャラのことを全員ご存じの方いたら「マニア」と認定したい。



しつこい捏造キャラ設定おさらい


万歳楽・・・・黒コート・紅い髪の美青年。都の精霊。
頼光(兄)とは恋人(?)松虫には心底甘い。
白い犬にアッチの意味で狙われているし1000年以来のモテ期絶頂にいる方。
いわゆる総受の方。

渋谷白犬・・・・万歳楽と戦って以来、彼の色香にまいってしまい
万歳楽をいつか〇〇〇しようとしている犬型の白き精霊。
本当は高級な精霊なのだが、目下のところそれしか関心がないケダモノ。
(登場:第十九幕”渋谷”より)

源頼光(兄)・・・・白いジャケットの似合うワンレンのさわやか青年。
現世では出版社を立ち上げ自らカメラマンの実業家。
しかし・・本当はかなりのーてんきな性格。
異空間にはいりこみ現世では失踪中らしいのだが、もはやどうでもいい。
「万歳楽の恋人」と自称し、信じて疑わない。
万歳楽には平安時代から熱烈ベタ惚れ。(本編主人公ヒカルの兄。)

松虫・・・・万歳楽に拾われてきた元従者の童女式神。
昔は万歳楽の従者・・・今は万歳楽に深く可愛がられている。
おじいちゃん晴明様(26幕じい様)と仲良し。
(登場:第十六幕”芝公園”より)

26幕公園じい様(おじいちゃん晴明)・・・・シュールで地味な26話に登場した
公園本読みじいさん。万歳楽を気に入っていってる。
中身がお爺ちゃん晴明かもしれないじいさん。
そのせいかどうか松虫を可愛がってる。
26幕公園で他界したのちも幽霊になって楽しくさまよっている。
(登場:第二十六幕”都”より)












<この場所はたしか高層階の高級マンションではなかっただろうか?
私もあまり詳しくはないが、都内でもセレブだけが住める場所。
私が知っている階数より一つ多い・・・このフロアは一体・・・・。
何故かそのフロアが現世には存在しないものではとうっすら気がついた。>

頼光はなにもない真っ白なただ広い部屋に一人立っていた。
三方はガラス張りの広い窓。
奥は白い壁になっていた。出入口もない部屋。
しかし、なにも無いかと思ったら、
部屋の中央に真っ白なキングサイズのダブルベッドがあった。
あまりにも非日常的すぎる無機的な空間。
頼光はただ・・ただ・・それらを眺めていた。


-------------頼光はここで思考が疑問から突然、楽観的に切り替わった。


「そうだここで万歳楽とアレやコレができるemoji
そう思うと靴を脱ぐと突然ダブルベッドにダッシュして跳んだ!!
「ま~ん~さ~いら~くぅ~~~emojiとシーツにダイビング!!
彼の中では悩ましい姿で横たわる万歳楽の妄想しかなかった。
枕に抱きつきキスをする。

・・・・・・と、突然

ダブルベッドがモコモコもりあがってきた。
「こら、人間の分際でおれの男に懸想するな!」
白い大きな犬がダブルベッドの真ん中から現れたのだ。

しかし・・・そんな不条理さにも頼光は物怖じすることもなく・・。
「また君か。そういう君は犬の分際じゃあないか。」
「俺は犬じゃねえ!」
白い犬は恐ろし気に歯を剥いて威嚇したが、頼光は相手にもしなかった。
「だいたい私はね、平安時代から万歳楽を想っていたんだよ、
君は東京からじゃあないか。歴史が浅いよ。」
「ふん。まあ、いいさ、いつかあの男は俺がしゃぶりつくす。(アッチの意味で。)
俺なしではいられぬほど啼かしてみるさ。(アッチの意味で。)」





「騒がしいと思ったらおまえたちか。」
白い壁かと思ったら扉があき、そこから黒い浴衣をきりりと着こなし
白いタオルで紅い髪をぬぐいながら・・湯上りの良い香りを漂わせて万歳楽が現れた。

emojiおお・・・おおお・・・い・・いい・・・。」
頼光と白犬は目を見開き、そんな万歳楽を凝視して、ふんふんと二人(?)で
湯上りの匂いを我先にと奪い合った。

「ま・・万歳楽・・、素敵だ!!色っぽくて最高だよ!!よく似合うよ・・浴衣姿。」
「ハァハァ・・たまらん。今日は一層美味そうだ。俺が美味しくいただいてやる。」
頼光と白犬は目をキラキラさせて互いに身を乗り出した。


「・・・・・・・。」
すると・・その扉の向こうからひょいと少女が顔を出した。
恥かしそうにもじもじと・・。
「松虫・・出てくるがよい。」万歳楽は優しく促した。
松虫がいつも着用している桃色にアヤメの柄の浴衣ではなく
白地に大胆な牡丹の文様をあしらった粋で可愛らしい真新しい浴衣を着ていた・・。
しかもこの子も・・湯上りの風・・頬を薄桃色にして恥ずかしそうに出てきた。
「・・・・。」
新しい浴衣姿か恥ずかしいのか、共の湯上がりを見られたのが恥ずかしいのか
幼くても乙女の風情でうつむいたままだ。

「・・・・もしかして、お前、小娘と風呂に入っていたのか?」
白犬は悔しそうに言った。
「そうだが・・なにか?平安からずっとこうだが。」万歳楽は問答無用な物言いだ。
「小娘はよくて、なぜ俺はダメなんだあ~~!・・・ていうか!お前!
現代の日本ならそれは犯罪だぞおおお~。ちなみに犬なら大丈夫なんだぞおお。」
白犬はものすごく悔しそうに・・しかも都合のいい時だけ自分を犬と認めた。
「・・・現代の日本か・・俺も松虫もそもそも人ではないからな・・関係ない。」
と一言突き放す。



「・・・・。」
「おお、新しい着物だね。よく似合うよ。お嬢ちゃん。」
いつのまにか大きな窓の前にゆったりとした白いソファーがあらわれ、そこに
優しそうな老人が大量に本を持ち込んで読んでいた。
もじもじしながら松虫が老人に近づくとちょこんと隣に座った。
そして、万歳楽も。

「そうか!今日は花火大会だな。」
頼光はふっと現世の記憶で気がついた。
「・・・ああ。」万歳楽が頷いた。

このなにも遮ることのない最上階なら最高だ。夕闇の帷がおりた。

眼下に花火が見える・・。
遠い花火だがはっきりと見える。
音が聞こえないが鮮やかに炸裂して都会の夜空の一部を彩っている。
今頃・・あの下は人々が押し合いへし合い眺めているのだろう。
・・・・・頼光はそんな光景を想像していた。


万歳楽の足元でうずくまってチラチラと浴衣の万歳楽をローアングルで
眺めていた白犬が「ああ・・もうたまらん。」と涎をたらしていた。
犬にとっては花火より万歳楽なのだ。(花より団子的な・・。)
よこしまな思いが脳天に達したとき、ふいに
「・・・・・!」(ワンちゃん!一緒に見ようよ。)
松虫が首筋に抱き着いてきた。
(これだから・・・子供は苦手だ!)
白犬は松虫には手出ししない。なぜか従順な「犬」になる。
しかし、松虫の襟もとにふんふん鼻をつけて松虫の匂いではなく
ともに入浴した万歳楽の残り香を探って見つけては果てしなく
〇〇〇な妄想していた。

そして・・・
頼光もまた、万歳楽の隣にすわると
花火をみるそぶりをしながら目立たせず・・鼻孔をフルに活用し
彼の湯上りの残り香をめいっぱいため込んでいた。
(ああ・・万歳楽・・誰もいなくてふたりっきりだけならなあ・・。)
・・・と白犬同様〇〇〇な妄想していたのであった。


<おわり>