01 July

東京万歳楽家の★に願いを(万受SS)


<東京万歳楽家>

東京編万歳楽を中心にしたキャラの捏造が濃厚すぎる話。


東京編のマイナーなゲストキャラ+失踪中のヒカル兄頼光くんと
彼らにモテモテ・・東京編万歳楽をえがいたアホな内容・・。
(マイナーゲストキャラ→松虫・渋谷白犬・26幕公園老人)
頼光君以外はみな「ヒトではない」しかし、ヒトとおなじ楽しみ方を
追及している妙な集団。
都内の架空高級マンションに突然現れて住んでいる。

※今時分にゲストキャラのことを全員ご存じの方いたら「マニア」と
認定したい。




太い文字用のフェルトペンで、短冊に願い事を書くなんて
とっても久しぶりだ。色とりどりの折り紙をきれいに切って、
細いリボンを穴にとおす。
 頼光は、短冊を手にふっと目を落とした。
側で松虫が一生懸命、橙色の折り紙でなにやら飾りを折って
いる。ふっくらした頬をうつむき、真剣に折り紙を拵えている
女の子って本当に微笑ましい。
私は幼い頃、妹が折り紙に熱中していた姿を思い出した。
「そうかぁ七夕か。」
本気でいろいろ考えることもある。
わたしはこのままでいいのかな?
わたしの行動は、ヒト世間の目から見たら全くニートと変わらない。
いままで書き溜めたノートを抱えながら、深くため息をついた。
 しかし、こんな妙なメンバーと過ごすことは一億年に一度あるか
ないかかもしれない。東京の時空を超えた貴重な記録の数々だ。
私が万歳楽と時間の旅に出たり、老人から学んだことだったり。
でも、戻って発表したところで、学術的に証拠がないと軽く一笑
されるのがオチだろう。だから学術論文ではなく、私は将来的に
なにか小説を書こうと思う。私の出版社に戻ったら、の話だが。
 万歳楽をはじめ、松虫も老人も犬もみなこの世のモノではない。
だから時間が止まっているのだが、私は彼らと行動を別にして、
私の属している世界に戻れば、また時が進み出すのだ。
この世のモノではない、といいながら、結構ヒト社会の季節行事
が好きな方々だなあ・・ホント不思議。
もし私が元の世界に戻って、この記憶が鮮明だったら、彼らの事を
是非書きたい!ずっと忘れたくない!・・それが今の願いかな?
松虫から手渡された金色の色紙の短冊をきゅっと握りしめた。



「・・・。」(ワンちゃんのお願いはなあに?)松虫が聞く。
「うるせーな。」白犬が面倒くさそうにそっぽをむく。
子供の遊びにつきあってやれないとか云う割には、なんだかんだ
松虫のペースになっていく。
「よし、わかった。本当に願い事書いてくれるんだな?」
「・・・。」(うん!!)
万歳楽とヤレますように!!・・だ。」
「・・・・。」(やれますように??・・・何を?)
きょとんと不思議そうに聞く松虫。
「まあ・・そうだな、(あっちの意味で)仲良くヤレますように
と言う意味だ。」
「・・・・!!」(わかったわ!!)
あっちの意味というのは深く考えず、普通に仲良くするのは
良いことだからと桃色の短冊に、松虫は白犬のため、幼い文字
で一生懸命にこう書いた。

まんさいらくとやれますように。しぶやしろいぬ

・・・万歳楽が街から戻ってきて、その短冊を早速発見する。
松虫に何を書かせるんだ!!emoji
おぐっ!!
・・・・べしっ!!と床につんのめさせられてる白犬だった。

やっぱりね・・もうお約束すぎて・・。
私が苦しく忍び笑いをしていると、”彼”がいつのまにか側に居た。
「お前が望むことが叶えばいいな。」
机に起きっぱなしだった私が書いた、金色の短冊を手に取り、
笹の葉の根元にきゅっと万歳楽が結んでくれた。

(私は・・・君の本当の願いも・・聞きたいな。)
頼光はかすかに揺れる、短冊を見つめ彼の”本当のねがい”って
何だろう・・と思い巡らすのであった。

<終わり>



※ 相変わらず品なしの件はすみません。

某処に短冊がおいてあった。今年も発見、よいこが書いた
「プリキュアになれますように。」願い事短冊。
すかさず、自分も書いた。
「プリキュアの妖精になれますように。」
・・・・・・本当になったらどうしよう。
「嬢ちゃん、ワシと契約してプリキュアにならんか?」
とか幼女に云うのだろうか?それは面白い。是非やってみたい。