15 September

薄藤色 

べつに何もしない。
青年と童女が軽くいちゃつくだけ。の駄文。



--------都を見守る精霊だってたまには休む。-------

安倍晴明邸の奥にある一室
小雨の降る夜、星見はできない。だからたまにやすむ。

松虫が小さな手で主のためにしとねの準備をしていた。
畳の上に敷く薄い寝具。隅のほうまできっちりそろえた。

しとしと雨が降る春の宵、
その湿り気が中庭の花花のにおいもつれてくる。

主は、仮面をはずし、直衣を脱ぎ、白い単一枚の姿になった。
晴明翁から万歳楽へ変わった。

松虫は、主の素顔をみられぬよう、締め切った木戸の前で寝ずの番をする。
木戸の前に衝立を置いてそのまえに藁の円座をしいて座った。  
ぴったりと締め切った戸。奥は気配を感じぬくらい静かだ。


細い灯明の揺らぎが壁に明滅する。御簾が揺れている。
時々やもりが壁を横断し奇妙な影を投影する。

松虫は眠らない。

暗い井戸の底のような眼で明かりの明滅を見ていた。
一点をじっと見つめていた。

灯明につられた蛾がやってくる、
ちりちりと、鱗粉が炎で焼ける音がする。
鱗粉から蛾の羽に焔が遷る・・。

焔に近づきすぎた
哀れな蛾が床におち断末の時を迎えている。。
それを表情もかえず見つめている童女。
<主が命じたことは確実に行う。それが使命だから。>


雨があがった様子の夜半。



松虫は相変わらず藁の円座に小さな足をきちんと正座させていた。
瞳は一点を瞬かずに見ている。まったく動かない。
この童女には隙が無いようす。
・・・・・愚かな人間は近づけないだろう。


-------しかし。

・・・・・いつのまにか、
守るべき白い単の主が・・・童女の隣に座っていた。
衝立にむかって「呪符」を貼る。
「結界をはった。暫くは誰も入れない。」

戸をあけ寝所に招く。松虫は無表情で滑るように寝所へ。
主は上掛けにしていた着物をめくると松虫を招いた。
松虫もまた、単一枚になり主の床へ入っていく。
 主は、童女を抱えるように胸元へひきよせる。
小さな躰はすっぽりつつまれた。

「明日の晩は晴れる。星見にはよい日だ。また、供を頼む。だから今宵は
すこし休むがよい。」
「・・・・・・。」

松虫は主である、紅い長髪の青年の胸に優しく抱かれて静かに眠りに
おちてゆく。褥のそばには主の小面の仮面がおいてある。

誰も知らない秘密の時間。夜が明ける前のつかのま
大好きな主との安らぎの時間。

上掛けにしているのは、主の薄藤色の着物。
中庭の藤の花の香りも漂ってくる。
まるで花弁の褥のようだ、と微睡みの中で童女は思った。


・・・・・・・・・主の胸はあたたかい。



<終わり>