17 August

岩波文庫 御伽草子古典「酒呑童子」(駄文)

御伽草子、岩波文庫読んでみました 。

翻訳ついていないので間違ってるかもしれないけれど
古語の通りに感想のべてみます。

上下巻のうち、「酒呑童子」の話は下巻の最後。

ざっとしたあらすじ、

都の姫たちがさらわれる事件が横行し、
陰陽博士に占ってみたところ、大江山の酒呑童子が
さらっていったとでたので、頼光、綱、卜部、貞光、金時、
そして保昌(和泉式部のダンナ)で退治に行くことになった。
怪しまれないよう、山伏コスででかけ、
途中、仏の化身に力やアイテムをさずかり、鬼の本拠地へ。
なんやかやと心ゆるされ、まんまと酒呑童子に気に入られ、
寝入っているとこを暗殺、みごと首を落とし、
さらわれていた姫を連れて凱旋する話

まあ、英雄譚のテンプレートみたいな話。

まず、占いの場面で登場する陰陽博士、
コレ、16世紀には「安倍晴明」になってるけど、
原文だと「村岡まさとき」さんです。
(しかもまさとき、は漢字じゃなくてひらがな表記だ。)
英雄譚には英雄を、てな、エンタテイメント性を高めるため、
おそらく後日配役変えさせられたのでは?
と思っています。だって村岡まさときさんじゃ、
「おめえ誰だよ?」になっちゃうし。
村岡まさときさんはもしかしてものすごいパワフルな陰陽師だった
かもしれないのに。16世紀に晴明のネームバリューで負けたのかな。
その後・・諸本では「安倍晴明」が普通になってしまい・・。

オイイイ~まさとき~~、

どこへいった~。

ちょっ・・・

挿し絵がエグい。
切り取られた、姫の片足がまな板にのっかってる!!
(さらっと描いた挿絵がむしろ怖い・・。)

みやこの姫たちをさらって食べていた、
という表現になにやら性犯罪的なものを
匂わせてます。

酒呑童子が頼光にも腿や股のししむら(肉)を食えと
言っているので、これは一行をもてなすため、
ヨトギに出された女性たちの隠語なんだろうか?
 
でもお伽噺は戦国時代あたりに子供や女の人にも聞かせる話だし、
鬼を恐ろしく表現するには、「食う」がぴったりなんだろうね。



という概念ですが、この時代、「朝廷にまつろわぬもの」は全てが
「鬼」とされ、しかも、京より外の世界は「鬼の住む未知の場所」とされ、
「鬼退治」と称して朝廷に従わない地方豪族や民族は滅ぼされていったのは
有名な話。朝廷の武士は英雄とされ、それが、
いわゆるお伽噺になり、日本昔話みたいなほのぼの系の話へ変化して、
現在に至るわけですね・・。

すっかり頼光に気を許した酒呑童子・・。
自分の生い立ちを語り始めます。

「越の国」出身。

・・これを見たとき
「出雲王国・丹後王国・越の国」・・
日本海側にあって朝廷に滅ぼされた国々を思い出しました。
このあいだ、兵庫県川西にある「多田神社」にいきました。
源満仲や頼光をまつる源氏発祥の地です。
ここに書いてある説明書きを読むと、源家はここらの鉱山開発や
発展に貢献した・・・とありました。
日本海側の製鉄文明や鉱物資源をもつ地のさらなる朝廷の
独占のため、鉱山開発に実力のあった源家はその制圧のために
「鬼退治」なるものにつかわされたのだと思います。

こうなってくるとどっちが鬼かわかんないですね。
先住民にとっては朝廷こそ侵略者だし。

姫の略奪・・の話はおそらく、平安頃に
横行していて酒呑童子とは全く関係ない事件のことが
「鬼退治」の理由づけに使われたのでは?と思います。
(そのころの姫君は深窓のさらに深窓にいたわけで
それを略奪したくなるムラムラ変質者もいっぱいいたのでは。)

<「酒呑童子」は都の姫の略奪はしなかったけれど、
近隣村からもしかして子孫のこすため婦女の略奪はしていたかも。
まあ・・朝廷とは関係ない部族間の争いみたいなの。
昔はよくあったのではないでしょうか?>

酒呑童子の手下である「茨木童子」とか「星熊童子」とか・・は
朝廷に反抗する地方豪族の代表格だったのかも。




こういう昔話大好きなんですよね~。

うざいと思うけどこれからもちょくちょく語りたいと思います。

・・さいごに思うこと・・

「村岡まさとき」
 という陰陽博士が激しく気になります!!